こちらからご相談ください。
クリックするとメールフォームに移動します。
労災・過労死・過労自殺など、お悩みのお力になります。
面談・電話相談など。

相談料は無料です。
いいにくいことなど、秘密は厳守いたします。
お気軽にどうぞ

 

いの健ブックレット5「なくせ!長時間労働 過酷なノルマ」

普及しています。

○2015年8月29日に行われた「働く人びとのいのちと健康をまもる北海道センター」の総会に先立ち行われた、いの健道センターが関わった「過労死事案」について、担当した四人の弁護士によるそれぞれの事案を検証した「リレートーク」をまとめたブックレットです。
○1部300円で普及します。

2016/1/31

「新卒看護師の労災認定・裁判を支援する会」入会を

呼びかけます。

○2012年12月、札幌市内の病院で新卒1年目の看護師が自死しました。遺族(母親)は、自死の原因は過重な業務によるものと労災申請をするとともに、不払いの時間外手当の支給を求め提訴しています。裁判は進行中ですが、労災申請は「業務外」とされました。 
 いの健道センターと道医労連は、過酷な看護労働を改善し、悲劇を二度と繰り返させないために、「支援する会」を立ち上げました。 
 多くの個人や団体のみなさんに、入会を呼びかけます。
◆「支援する会」入会申込書および会則はこちらをクリックしてください
◆「支援する会」の活動紹介はこちらをクリックしてください
◆振込口座は
     北洋銀行 北七条支店 普通4044879
   「新卒看護師の労災認定・裁判を支援する会」共同代表 鈴木 緑

2015/1/30

いの健ブックレット癸粥屬Δ个錣譴真径幹埜郢佞里い里繊

普及しています。

○2012年12月、札幌市内の病院で新卒看護師がわずか8ヵ月で自死しました。
彼女がなぜ死に至ったのか。看護現場の過重労働の実態から明らかにしたブックレットです。
○A5版で51ページの小冊子です。
○1部300円で普及します。
◆「うばわれた新卒看護師のいのち」を読んでこちらをクリックしてください

2015/1/16

いの健全国センター編集

「働くもののメンタルヘルス」好評発売中

○本書は、精神疾患を医学的に理解し、予防と療養、職場復帰や労組としての職場での取り組み方まで、現場をよくする専門家と労組役員、労安担当者が総力を結集してつくりあげた労作です。
○定価は2,000円+税です。
◆ハンドブックはこちらをクリックしてください

2015/1/5


 


NPO法人 働く人びとのいのちと健康をまもる北海道センター
住 所: 北海道札幌市 白石区菊水 3条3丁目2−40
TEL: 011-825-4032
FAX: 011-825-4040
E-Mail: hchs@snow.px.to